内側生地について
●気泡が大きくなってしまいます。 ●キメが荒くなってしまうのですが。
●生地が窓ガラスについてしまいます。 ●レーズンなどが偏ってしまいます。
●左右の膨らみに差が出てしまいます。
気泡が大きい、キメが荒い、生地が窓ガラスにつく
計量を間違えたり、室温、水温が不適切ですと気泡が大きくなったり、キメが荒くなったり、生地が窓ガラスについてしまったりします。
正しく計量していただき、適切な温度環境下でのご使用をお願いします。
また、イーストの種類により出来上がりに差が出来ますので、目指す出来上がりに合ったものをお選びください。
レーズンなどが偏ってしまいます。
レーズンなどを投入する際は、固まってしまわないようほぐして入れてください。
左右の膨らみに差が出てしまいます。
K6745で1斤パンを作る際は、パンケースのサイズに比べ生地の量が少ないため、どうしても高低差が出てしまいます。
どうしても均等にしたい時は、2回目のガス抜き終了後、ゴムべらなどで生地をパンケースの真ん中に移動してください。

参考:1番『Basic』メニューでのガス抜き2回目の終了は、スタートから2時間25分後です。

リーガル製品カスタマーへ