ブレッドメーカーパンケース「オイルシール交換要領」

●パンケースを裏返して、軸C止め輪をスナップリングプライヤー(左図の工具)を使って取リ外して下さい。

■注意事項
軸C止め輪を変形させないように取り外してください。やむを得ず変形してしまった場合、ラジオペンチ等で修正して下さい。

※プライヤーがない場合は、軸C止め輪の片方の先をラジオペンチではさみ、もう片方の先の穴の中にキリを差し込んで外側に広げて取り外して下さい。

●ケースカップリング・山形バネ・プラ座金を外して下さい。

●パンケースシャフトの中央のくぼみにプラスのドライバー等を当てて、かなづちで軽くたたいて外して下さい。

■注意事項
内部の状況によっては少し力を入れないと外れない場合もありますが、パンケースを変形させないように力加減に注意して下さい。

●パンケースシャフトの古いオイルシール(大・小)を上方に取り外し、パンケースシャフト中央部の軸C止め輪も取り外して下さい。パンケースシャフトには何もついていない状態にして下さい。

■注意事項
古いオイルシールの金属の芯(輪)が残っている事がありますので必ず取り除いて下さい。

●分解した部品についている汚れをきれいに取り除き、中性洗剤で洗い、油分を残さないようにして下さい。その後、完全に乾燥させて下さい。

●パンケースのオイルシール取りつけ穴の汚れを綿棒、布等できれいに取り除いて下さい。頑固なこびりつきは、マイナスドライバーなどで側面のフッ素樹脂塗装を剥がさないようにこそげ落として下さい。

●パンケースを中性洗剤で洗い、油分を残さない様にして下穴もきれいに洗ってください。その後、完全に乾燥させて下さい。

●パンケースシャフト中央部の溝に軸C止め輪を取り付けて下さい。

●パンケースシャフトにオイルシールを、上から下に向かって軸C止め輪のところで止まるまで差し込んで下さい。

■注意事項
取り付ける際、オイルシール内のシリコンオイル(白いクリーム状の油)がシャフト上部に残ってしまったら、上オイルシールを少し上げていただき、つまようじ等でオイルシール内部へ戻して下さい。

●軸C止め輪とオイルシールを取り付けたシャフトを、オイルシール取り付け穴に指でしっかり押し込んで下さい。オイルシールに歯ブラシの柄ような先の丸いものを当てて、 かなづちでオイルシールに沿って回しながら軽くたたき、パンケースの底と同じ面になるまではめこんで下さい。

■注意事項
オイルシール、パンケース底を傷つけないように注意 して下さい。

●パンケースの裏側にプラ座金、山形バネ、ケースカップリングの順に取り付けて下さい。

■注意事項
山形バネ、ケースカップリングの取りつけ方向に注意して下さい。

●パンケースシャフトをパンケース内側から押し出し、ケースカップリングを押さえつけて、軸C止め輪をパンケースシャフトの溝に取り付けて下さい。

■注意事項
軸C止め輪を変形させると部品がはずれ易くなりますので注意して下さい。

★オイルシールの交換は、工具がないと困難な事があります。その際は、弊社にて修理を承っております。
修理費用は、オイルシール¥494・プラ座金¥51・工賃¥1,522 返送料¥864(合計¥2,931)となります。 弊社までお問い合わせ下さい。